全国連合退職校長会(全連退)

設立 1965年(昭和40年)6月10日
Update 2014年04月10日
Renewal 2014年04月01日
  • 文字サイズ
    標準 最大
  • 印刷
全 連 退 情 報        平成23年06月16日  第94号 
平成23~24年度 新役員の承認

去る6月7日(火)・8日(水)、江戸東京博物館1階ホ-ルにおいて本年度の理事会・総会が開催されました。本年度は役員改選の年で、下記の方々が理事会で選出され、総会で承認されました。

会   長 (東京都)  戸 張 敦 雄  (東京都)
副 会 長 (北海道) 西     寛  (北海道)
  々   (東北地区)  杉 山 紘 二 (宮 城)
  々   (関東甲信越地区)  岩 佐 喜 一 (千 葉)
  々   (東京都) 片 岡 敦 子 (東京都)
  々   (東海北陸地区) 小 西   優 (石 川)
  々   (近畿地区) 西 川 芳 徳 (奈 良)
  々   (中国地区) 徳 永 耕 一 (鳥 取)
  々   (四国地区) 粟 田 正 己 (愛 媛)
  々   (九州地区) 久手堅 憲仁 (沖 縄)
監  事  大 山   睦 (茨 城)
  々 村 林 平 八 (青 森)
  々 青 山   勉 (岐 阜)

本年度総会において下記の宣言・決議が行われました。

宣 言

 人間性豊かでたくましい日本人の育成には、教育尊重の気運を醸成し、良き教育環境の整備が極めて重要である。特に教員の資質向上と定数増については喫緊の課題であり、三十年ぶりの学級編制標準引き下げの曙光を得たが、厳しい財政事情のもと前途に課題は多い。

 この時に当たり、我々は全国連合退職校長会綱領を旨とし、本会会員としての自覚と信念を持って教育の振興に寄与し、時宜に応じた意見や提言を公表していくことが重要である。

 ここに、第47回総会に当たり、左記事項を決議し、その実現に努めることを宣言する。

 

決 議

一 教育諸条件の整備・充実を期し 政府や中央教育審議会等への意見具申・要望・提言を行う

一 年金・高齢者医療・介護保険等の各制度の改善・充実 会員の福祉の増進に資する要望を行う

一 全国的な「教育の日」の制定及びその事業を充実し 教育尊重の気運
を高める

一 学校支援事業への協力 家庭・地域の教育力の更なる向上を目指した活動に努める

一 構成団体相互の連携・協力を密にし 東日本大震災等の被災者支援を含め 組織の拡充と活性化に努める

平成23年6月8日
第47回 全国連合退職校長会  総会