全国連合退職校長会(全連退)

設立 1965年(昭和40年)6月10日
Update 2014年04月10日
Renewal 2014年04月01日
  • 文字サイズ
    標準 最大
  • 印刷
全 連 退 情 報        平成21年11月24日  第80号 
「教職員の定数改善及び少人数学級の実現を求める全国集会」の開催
標記の全国集会が、下記の通り開催されました。
全国集会の趣旨は、参加者において「教職員の定数改善及び少人数学級の実現を求める要請」を決議し、広く国民に対して、理解と支援を求めるものです。

1.日 時   平成21年11月4日(水) 18:00~19:30
2.会 場   千代田区永田町 「星綾会館」
3,主 催   子どもたちの豊かな育ちと学びを支援する教育関係団体連絡会
         (全連退も参加している教育関係23団体)
4.参加者   来賓(衆・参国会議員等81名) 及び教育関係者団体 約400名
         (全連退からは6名参加しました)
5.来賓挨拶  江田 五月 参議院議長、 塩立 立 前文部科学大臣
         川端 達夫 文部科学大臣、大島 理森 元文部科学大臣 他8名
         *川端文科大臣は挨拶の中で、「良い先生がもっとたくさんいて欲しい。
           がんばります」と、決意の程を表明されました。
6.要請文決議  向山全連小会長の要請文朗読の後、参加者全員の賛成で決議

      *要請文は、裏面に掲載

川端 達夫 文部科学大臣を訪ね、全国集会へのご臨席に対しお礼を申し上げた
   広瀬 久全連退会長ら、大臣と意見交換並びに意見具申を行った

1.日 時   平成21年11月19日(木) 10:15~10:25
2.場 所   文部科学大臣室
3.文科省の出席者   川端 達夫 文部科学大臣
鈴木 寛文 文部科学副大臣、高井 美穂 文部科学大臣政務官
4.参加者   岩瀬 正司 全日中会長、亀井 浩明 日本連合教育会会長、
        広瀬 久 全連退会長、戸張 敦雄 全連退総務、他教育関係団体代表12名
5.次 第   

  • 全日中会長より、全国集会へのご臨席並びにご挨拶に対し、御礼を申し上げた。
  • 参加者との意見交換等が行われた。(主な内容のみ掲載)
  • 参加者の「事業仕分け」への疑義に対して文科大臣は、各WGの評決は、あの場での結論(まとめ)である。それに留意しつつ総理を中心に予算編成に各閣僚が当たっていく。
  • 広瀬会長:教育は、教育の論理を優先すべきであり、経済等の論理は、二の次である。また、義務教育費国庫負担の割合が削減された結果、地方自治体の教育予算が逼迫し、給与費、出張・研修費用等に格差が生じている。義務教育の根幹に係わる国庫負担額の拡充に尽力されたい旨、意見を具申した。 
  • 戸張総務は、教育の仕事には、一律に「費用 対 効果」で論じられない内容を含んでいる。ここに留意されての予算編成を期待する旨、意見を具申した。

(文責 戸張敦雄 総務)

 

教職員の定数改善及び少人数学級の実現を求める要請

 次代を担う子どもたちの健やかな成長は、大人たちの願いであり、すべての子どもたちが全国どこに生まれ育ったとしても、等しく良質な学校教育を受けられるようにすることは、我々大人そして国の責務である。
 子どもたちの、「生きる力」をよりいっそう育むことを目指す新学習指導要領を踏まえ、高い水準の豊かな教育を実現するため、学校教育を担う教職員への期待は高まっている。
 一方、平成18年度に制定された行政改革推進法や「骨太の方針2006」等により、個々の教職員にかかる負担は非常に大きくなっており、きめ細かな教育の実現が困難となってきている。
 今こそ、教職員を削減してきたこれまでの方針を転換し、教職員の質と数を充実することが不可欠である。

このため、新たな教職員定数改善計画の策定や教員に優れた人材を確保することが必要である。
また、これらの教育条件整備を支える義務教育費国庫負担制度を堅持・拡充することが必要である。
以上を踏まえ、次の事項の実現を強く要請する。

一、教員が子ども一人ひとりに向き合う時間を拡充し、新学習指導要領を円滑に実施するため平成22年度予算において、教職員定数の大幅な改善など人的措置・財政措置を行うこと
一、多くの保護者の願いである少人数学級を実現するため、新たな教職員定数改善計画の策定に直ちに着手すること
一、意欲と情熱を持って教育に取り組む優れた教員を確保するため、人材確保法を堅持し、勤務実態を踏まえた教員の処遇改善に努めること。
一、教育の機会均等とその水準の維持向上を図るため、その根幹となる義務教育費国庫負担制度を堅持・拡充すること

  平成21(2009)年11月4日

文部科学大臣 川 端 達夫 様

子どもたちの豊かな育ちと学びを支援する教育関係団体連絡会
日本PTA全国協議会 全国市町村教育委員会連合会 全国都市教育長協議会 中核都市教育長会
全国町村教育長会 全国連合小学校長会 全日本中学校長会 全国高等学校長協会
全国公立小・中学校女性校長会 全国特別支援学校長会 全国連合退職校長会 全国公立学校教頭会
全国特別支援教育推進連盟 全国へき地教育研究連盟 日本教育会 日本連合教育会 
全国養護教諭連絡協議会 全国公立小中学校事務職員研究会 全国学校栄養士協議会 
日本教職員組合 全日本教職員連盟 日本高等学校教職員組合 全国教育管理職員団体協議会