全国連合退職校長会(全連退)

設立 1965年(昭和40年)6月10日
Update 2014年04月10日
Renewal 2014年04月01日
  • 文字サイズ
    標準 最大
  • 印刷
全 連 退 情 報        平成20年2月7日  第57号 
文部科学省 初等中等教育局長 金森越哉氏を訪問 懇談
 平成20年1月23日(水)午後2時から4時までの2時間、土橋荘司会長、総務部員、各部長、事務局長の17名で、金森越哉初等中等教育局長を訪問した。当日は、大金伸光初等中等教育企画課長補佐の出迎えを受け、新装成った千代田区丸の内の文部科学省13階会議室において、金森局長から教育改革に伴う諸課題、指導要領の改訂、新年度予算概要等の説明を受け、それらに関連して全連退としての質問、意見を述べた。有意義な約2時間の懇談を行った。

  司会は広瀬 久 総務

  1. 土橋荘司会長の挨拶
    現今の教育改革に対する全連退としての基本的な考え方、そのポリシ-を述べ併せて本席に対する謝辞が述べられた。

  2. 戸張敦雄総務部長  
    諸課題に対する全連退としての総括的な意見と、中教審答申や指導要領改訂等の教育問題についての質問の要旨を簡潔に述べた。

  3. 金森局長の説明(約50分)  
    中教審の審議状況と今後のスケジュ-ル、学習指導要領改訂の基本的な考え方、さらに、OECD生徒の学習到達度調査のポイントと調査の結果、平成20年度予算概要等についての説明をいただいた。なかでも、行政改革推進法という高いハ-ドルを前に、特に攻防の激しかった「子供と向き合う時間の拡充」のための教職員の定数改善、外部人材の活用、学校支援地域本部の設置等に関わる予算概要については具体的な資料を提示して説明された。

  4. 質疑応答(約1時間)
    各部長から、特に1月17日付で提出された中教審答申と学習指導要領の改善の動向や、改正教育基本法第13条に関わる家庭、地域の教育力の強化等について質問があり応答があった。

    国会開会中で極めてご多用の中、全連退のために2時間の懇談時間を設定して頂いたことに深謝したい。
    なお、懇談の詳細については、会報167号(平成20年3月31日)に掲載します。
 全連退「会旗」の写真をお送りします
「会旗」の制定につきましては、平成19年度の常任理事会を中心に慎重審議し、理事会、総会において全会一致でご賛同いただきました。

総会後、直ちに会旗を発注し、平成19年10月2日の19年度第2回理事会の冒頭においてご披露し、会長から「会旗」制定の意義と決意が述べられた。

平成19年10月2日を「会旗制定記念日」とします。

「会旗」の写真とともに、制定の経緯、会旗の仕様については、全連退ホ-ムペ-ジ、最新の会報166号(P10)、平成18年度と19年度の「年間活動・研究報告」に掲載しています。

今回は、2月中を目安に、各県退職校長会事務局に、「会旗」の写真(四切サイズ)をお送りします。なお、額縁等は付けておりませんので各事務局で適切にお取り扱いください。

 
東北地区連絡協議会の日程は未定