全国連合退職校長会(全連退)

設立 1965年(昭和40年)6月10日
Update 2014年04月10日
Renewal 2014年04月01日
  • 文字サイズ
    標準 最大
  • 印刷
全 連 退 情 報        平成18年4月14日  第40号
中教審 初等中等教育分科会 教育課程部会の「審議経過報告」へ意見具申
  全連退は、去る、2月13日に公表された「審議経過報告書」を、教育課題検討委員会(渋谷 安委員長)において検討し、更に、土橋会長、廣瀬部長、戸張総務部長、渋谷委員長で検討会を開催し、『「経過報告」について(意見具申)』をまとめました。

平成18年3月23日、この「意見具申書」を、会長を先頭に、上記の3名同行し、文部科学省 初等中等教育局 廣瀬雅哉視学官を通して、中教審 教育課程部会の木村猛部会長へ提出しました。

「意見具申」の要旨をお知らせします。
なお、全文は、文部科学省HPに掲載されます。

教育課程部会は、今後も審議を重ね、「中間まとめ」から「答申」へ進行するとのことです。 

中教審・教育課程部会長への「意見具申書」(要旨)
 
「審議経過報告」について(意見具申)

 教育の目的は、学校教育の根幹である。本報告では、幼稚園教育については内容が示されているが、義務教育と高等学校教育については、具体的な内容が示されていない。
 学校指導要領の見直しの必要性と改訂の方向については、基本的な考え方が縷々述べられているが、簡単に、分かり易く、具体的に明示されたい。
 学校が教育課程を編成するために、教育課程の構造について、その基本となる考え方を具体的に明示される必要がある。

全国連合退職校長会は、以下のことについて、下記の通り意見を具申する。

1.学校教育の目的・目標について

(1)学校教育の目的

 教育基本法第1条に示されている教育の目的を基盤として、そのうえに義務教育、高等学校教育には、それぞれ実現すべき目的があるはずである。
 学校教育法には、それぞれの学校段階での学校教育の具体的な目的・内容は示されていないので、それらを明確に示されたい。
 教育基本法に、子どもたちを日本人として育成するための目的を明示されたい。

(2)学校教育の目標

 学校教育の目標は、学校教育法で小学校については、8項目で内容が示されているが、それらの達成状況の調査が必要である。中学校、高等学校の目標は、項目・内容ともに再検討が必要である。また、すべての項目について、具体的に到達目標を明示されたい。

(3)学校教育の目的・目標の改善

 以上のように、学校教育の目的・未来表を改善するために、教育基本法及び学校教育法を改正することを強く要望する。

 

2.学習指導要領について

(1)学習指導要領の内容

 学習指導要領の改訂の基本的な考え方の4点が示されているが、相互にどのように関連づけて内容が改訂されるのかを、具体的に明確にされたい。

(2)学習指導要領の内容

① 基礎的・基本的な内容
  学習指導要領の内容は、真に基礎的・基本的であり、発達段階に適しているのか。本当の基礎・基本について、具体的に、理論的に明確にされることを要望する。

② 教科・領域の再編
  道徳を除き、原稿の教科・領域のすべてが絶対に必要であるかを検討されたい。
  原稿の授業日数・時間数でこれらのすべてについて「確かな学力」を身につけさせることは困難である。教科・領域の編成について検討されたい。

③ 授業日数・時数と学校週5日制
  学校週5日制により、各教科での授業時間数は少なくなり、学校行事も十分な時間がとれていない。特に、私立学校では土曜日授業を実施しているので、公立学校とは学力に格差を生じている。各教科の授業時数と学習内容は、完全に連携していて適切であるか、その時数で「確かな学力」を身につけさせられるかを、検討されて改善を図られたい。

④ 確かな学力
  「確かな」とは「学力」をどのように身につけさせることなのか、明確でない。「学力」の育成には、習得型と探求型の学習があり、これらの視点からも、学習内容の改善のための検討と見直しが必要である。

 

3.教育課程について

(1)教育課程の編成

 教育課程の構造を明確にすることが、学校教育の目的・目標を実現する手だてとなるとしている。そのためには、それぞれの段階の学校教育に即して、教育課程の構造を具体的に明確にする必要がある。

(2)教育課程の構造化

 教育課程を編成するには、教育課程を構造化する必要がある。教育課程の構造の視点を明確にし、各教科・領域のそれぞれが、構造の視点をどのように有しているかを具体的に明確にされたい。

 

4.教育活動に専念できない教員の勤務について

 現在、教員は極めて多忙である。十分に教育活動に専念できるよう、改善されたい。