全国連合退職校長会(全連退)

設立 1965年(昭和40年)6月10日
Update 2014年04月10日
Renewal 2014年04月01日
  • 文字サイズ
    標準 最大
  • 印刷
全 連 退 情 報        平成17年11月10日  第38号
「義務教育費国庫負担制度の堅持を求める全国集会」の報告 
平成17年11月1日、義務教育費国庫負担制度の堅持を求める全国集会実行委員会(教育団体22より成ります。全連退も、実行委員会の構成団体の一つです)が主催する全国集会が、ホテルニューオータニにおいて開催されました。(参加者2500名)

この集会には、小坂憲次文部科学大臣をはじめ、自民党、公明党、民主党、社民党の国会議員が参加され、その決意を込めたメッセージをいただきました。(国会議員ご本人は、69名、代理参加105名)

この集会において、下記の「緊急要請」が満場一致で採択されました。
「緊急要請」は、11月4日以降、総理官邸をはじめ、各政党、総務省、財務省等に全日中、全連小ほかの団体が手分けして陳情に向かうことになっています。

各都道府県の退職校長会も、御出身の国会議員へ「緊急要請」を持参され、陳情していただけると幸甚です。

なお、政府は、三位一体の改革を、11月末を目処にとりまとめるとのことです。

緊急要請文 
※ 縦書き、原文のまま掲載します。