全国連合退職校長会(全連退)

設立 1965年(昭和40年)6月10日
Update 2014年04月10日
Renewal 2014年04月01日
  • 文字サイズ
    標準 最大
  • 印刷
全 連 退 情 報        平成16年8月4日  第32号
平成16年度の「要望書」を厚生労働省と文部科学書へ提出しました 

平成16年8月3日、本年度の「要望書」を、厚生労働大臣、文部科学大臣へ提出いたしました。

当日は、昨年同様暑い日でした。廣瀬久、戸張敦雄両総務部長、内田修福利厚生部長、青宏事務局長の4名で、両省を訪れ、「要望書」を手渡し、口頭での要望を致しました。

なお、要望時の両省との意見交換等の内容は、会報でお知らせいたします。
ここに、各大臣宛の「要望書」の全文を掲載いたします。

厚生労働大臣 坂口 力 殿

全国連合退職校長会
会長 土橋荘司

要望書

  1. 退職公務員の生活安定を堅持するため、共済年金制度の存続に努められたい。

  2. 年金支給年齢の繰上げにより、特に65歳までの再雇用・再任用制度の充実・促進に尽力されたい。

  3. 医療保険制度改革にあたり、加入者の保険料負担や患者一部負担金などについて、高齢者にとって過重な負担とならないよう配慮されたい。

  4. 介護保険制度の見直しにあたり、基盤整備を含め、要介護者のニーズに応えられるよう、配慮されたい。

文部科学大臣 河村健夫 殿

全国連合退職校長会
会長 土橋荘司

要望書

『心豊かでたくましい日本人の育成』を目標に掲げて活動している全国連合退職校長会は、そのための教育の実現を願い、下記事項を要望する。

                      記

  I 、教育上の諸課題解決に関する要望

  1. 教育基本法の改正を、速やかに推進されたい。
  2. 「義務教育費国庫負担制度」及び「人材確保法」を堅持し、教育水準向上に努められたい。
  3. 国民挙って教育のあり方を考える日としての「教育の日」制定を主導されたい。
  4. 教員の資質向上策の一環として、教員免許の授与に国家試験を導入すること、及び、教員免許の更新制とそれに伴う処遇の改善を図ることを実現されたい。
  5. 各学校がその自主性、自立性が発揮できるよう、教育委員会との関係に特段の配慮を願いたい。
  6. 学校教育、家庭教育、社会教育の役割と責任を明らかにし、その連携強化を図られたい。
  7. 教育に関する諸施策の企画、実施に当たっては、校園長会の意向を尊重されたい。

    II 、学校教育の振興に関する要望
  1. 最近、学校における「豊かな心の育成」の充実が求められている。そのため、各学校に、「道徳(倫理)主任」の早急な必置を強く要望する。
  2. 完全学校週5日制の実施によって各学校に生じた諸課題解決のため、この制度の弾力的な運用を可能にされたい。


III 、退職校園長の活用及び福利厚生等に関する要望

  1. 文部科学省の設置する審議会や研究協力者会議などの構成員に、退職校園長を登用されたい。
  2. 春秋叙勲に当たり、義務教育関係者やそれに準ずる者を重視されたい。