全国連合退職校長会(全連退)

設立 1965年(昭和40年)6月10日
Update 2014年04月10日
Renewal 2014年04月01日
  • 文字サイズ
    標準 最大
  • 印刷
全 連 退 情 報        平成14年8月30日  第22号
「教育の日」制定に関する情報が、 続々と寄せられています    
「全連退」が、平成14年度の目標の第一に掲げて、その制定推進を図っている「教育の日」制定に関するニュ-スが、東京の事務局に続々ともたらされています。
本号は、順不同ですが、そのあらましをお伝えします。
   
1.東京都

東京都退職校長会(大高 正夫会長)は、H13.5.21.に「教育の日」特別委員会(鎌田 健委員長、齋藤 昭次副委員長)を設置し、都議会自民党や都教育長と協議を重ね、「教育の日」に関する都条例の公布を目指した活動を展開されていました。

その活動の一つは、都議会への請願書の提出です。
請願書の提出に必要な「署名簿」の作成のため、本年度はじめから都退職校長会の各支部を中心に署名活動を進められました。

その結果、8,919名(会員の約1.5倍)の署名が集まり、H14.5.9に請願書にこの署名簿を添えて都議会に提出されました。

H14.9.13.都議会文教委員会において、趣旨採択。
H14.10.18.都議会本会議において議決される運びになりました。

今後、多くの教育団体との協力・連携を図り、「東京都教育の日」(仮称)の設定、実践活動の在り方等、その具体化に向けての活動が展開されることでしょう。

詳しくは、都退職校長会事務局 ℡03-5814-5615 太田 秀事務局長へ。
(週の前半、事務局で勤務しています。後半は、出張等)
 
2.埼玉県

埼玉県は、埼玉県退職校長会(塩田 禎男会長)の尽力により、県教委に「彩の国教育の日」庁内検討会が設置され、県民対象のアンケ-ト等をもとに検討が重ねられた結果、平成15年度から「彩の国教育の日」(仮称)がスタ-トすることになりました。

「彩の国教育の日」は、毎年11月1日、「彩の国教育週間」を、11月1日~7日とし、5つのふれあい県民運動の実践をはじめ、多くのイベントを開催する予定です。

詳しくは、埼玉県退職校長会事務局 ℡ 048-833-2344へお問い合わせ下さい。
 
3.青森県

平成14年7月30日に、青森県退職校長会(今 冨雄会長)主導のもとに、「あおもり教育の日」制定推進協議会が発足しました。

本年11月2日、青森市において「あおもり教育の日」制定推進大会が開催され、その制定に向けての第一歩が踏み出されることになっております。

詳しくは、青森県退職校長会事務局 ℡017-756-2514へお問い合わせ下さい。
 
4.佐賀県唐津市

平成13年より「教育の日」についての検討をしていた唐津市PTA連絡協議会と市教委は、6月第三日曜日を「唐津市教育の日」と決められました。

当日は、市内の全小・中学校の学校公開、市民会館における全体集会(テ-マ:大人に言いたいこと)が行われました。
PTA連絡協議会では、「教育の日」を定例化していくことを考えています。
 
5.千葉県安房郡鋸南町

鋸南町教育委員会は、平成14年9月18日に、鋸南町条例第24号を公布し、毎年11月の第三土曜日を「鋸南町教育の日」とすることにしました。

目的には、「町民が教育の大切さとこれからの教育の在り方について考え、真に、教育の充実した町を築くこと」と述べられています。

また、「教育の日」を中心に、町民参加の教育の日にふさわしい行事を行うことも述べられています。
 
6.宮城県

宮城県退職校長会(太宰 道夫会長)は、平成13年度後半から「教育の日」制定を目指した組織の検討をはじめ、平成14年度前半に「みやぎ教育の日」設定準備委員会を設置して、その趣旨、期日、運動方針等の検討を重ねております。
また、準備委員会は、行政機関・関係団体との協議を重ね、その支援の要請を依頼しています。

「みやぎ教育の日」(案)は、「教育の日」を11月1日とし、その日から7日までを「みやぎ教育ウイ-ク」としています。
県退職校長会は、今後、県条例の公布を視野に入れ、その気運を高める活動を展開していくことにしています。

7.島根県

島根県退職校長園長会(石倉 鐵雄会長)からの情報によると、平成14年9月25日、超党派県議会議員(7名)から、「しまね教育の日」制定条例案が県議会に共同提案されたとのことです。
ここに至るまでに、島根県退職校長園長会は、県教委と連携し、県議会の動向の把握、県議会への要請活動等に尽力されました。

「しまね教育の日」の条例案は、超党派で提案されているので、議決され、制定の運びになるとのことです。