全国連合退職校長会(全連退)

設立 1965年(昭和40年)6月10日
Update 2014年04月10日
Renewal 2014年04月01日
  • 文字サイズ
    標準 最大
  • 印刷
全 連 退 情 報        平成13年7月26日  第14号
全連退が、兼ねてから提唱し情熱を傾けている「教育の日」に関する情報と、去る7月9日に長野県諏訪で開催された第2回常任理事会で、会長から委嘱された常任理事、部長、委員長及び各部の部員、各委員会の委員の名簿を掲載します。
 
1.岡山県は、県条例で「おかやま教育の日」を制定されました。

石井 正弘岡山県知事は、平成13年6月の定例岡山県議会に「おかやま教育の日」を定める条例を提案していたが、6月26日の本会議で可決、成立しました。

「おかやま教育の日」設置の目的は、県民の教育に対する認識を高めるとともに、学校教育および生涯学習の振興の気運を醸成し、その充実と発展を図るためとしてあります。

「おかやま教育の日」は、11月1日。

「おかやま教育週間」を、11月1日~7日として、教育の日にふさわしい取り組みを行う期間としてあります。

詳しいことは、岡山県退職校長会
〒700-0823 岡山市丸の内1-2-12 TEL 086-222-4314
 
2.和歌山県 貴志川町は、「教育の日」を制定されました。

平成13年6月1日付けの「内外教育」(時事通信社発行)によると、貴志川町は、「教育の重要性を啓発する日」として、6月3日を「教育の日」と決められました。
  6月3日は、小学校6年、中学校3年とした、いわゆる6.3制に因んで決められたとのことです。
 
全連退は、平成9年以来「教育の日」の制定を目指した活動を展開しております。各県の「教育の日」の制定状況は、平成12年度「年間活動・研究報告」、「全連退会報」 第139号、全連退情報第12号に掲載しましたが、その後の情報をここに掲載しました。
  
3.平成13年度「全連退」常任理事とその役割及び各部・委員会所属の部員・委員。

・平成13年7月9日 会長の委嘱による。     (敬称略、順不同)
・副会長、監事、顧問は、総会で決定され、前号に掲載しました。
  ◎常任理事、部長・委員長、○常任理事・副部長、*常任理事、長)は、委員長、無印は、部員または委員。

総 務 部
◎戸張 敦雄 ○船田 徳壽(栃木)
教育振興対策部
◎廣瀬 久、 ○白石 孝徳(神奈川)、 *井上 孝* 大澤 千丈(千葉)、入子 祐三、富山 保、内田 修我謝みどり、前田 徹、加藤 正喜
生涯学習推進部
◎ 奥山 稔、○八木原勝可(群馬)、*相田新太郎、図子 岩雄、成田 圭子、奥山 登志、三浦 一郎、山原 一郎
福利厚生部
◎ 金子 政雄、○塩田 禎男(埼玉)、横山 安宏、菊地 滋、田中 千昭
会 報 部
◎長沼 宏、○助川  明(茨城)、藤井 治、 宮澤 歳男、徳永 祐人
会 計 部
◎藤木達三郎、○笹井 永吉(新潟)
中教審対策委員会
◎渋谷  安、*戸張 敦雄、山崎 裕司、目賀田八郎、 荒井 忠夫、片岡 敦子、清水  健、
「教育の日」制定推進委員会
長)倉持 敏夫(関ブロ会長)、*船田 徳壽(栃木)*大澤 千丈(千葉)、*助川  明(茨城)*廣瀬  久、*戸張 敦雄、青  宏(事務局長)
教育基本法 検討委員会
長)山崎 裕司、*廣瀬  久、*戸張 敦雄、*井上  孝、*渋谷  安、目賀田八郎、入子 祐三
出版委員会
長)目賀田八郎、(委員は、出版計画立案時に選任)
事 務 局
長)青  宏、仲原  慎三、佐々木多美子

● 平成12年度まで、常任理事会等のメンバーとして活躍された下記の方々は、ご勇退なさいました。
  数々のご指導、ご協力等ありがとうございました。
    関ブロ会長  森田 富夫先生、 事務局長 太田三十雄先生、
    神奈川県会長 米本  宏先生、 事務局員 保坂 和郎先生、
    千葉県会長  丸山 昭一先生、
    新潟県会長  馬場 古衛先生、
    会計部長   松本 堅太先生
    福利厚生部長 横山 安宏先生(先生は、福利厚生部員として留任)