地区連絡協議会の動向

平成24年度 東北地区退職校長会秋田大会開催される

平成24年10月29日
東北地区退職校長会協議会
会長 杉山紘二
  (宮城県退職校長会会長)

 平成24年10月11日(木)、12日(金)の両日、秋田県秋田市に於いて第40回東北地区退職校長会協議会秋田大会が開催された。

  1. 協議題
    「組織の拡充に努め、効果的な活動を展開するにはどうすればよいか」
     ─ 「教育の日」の実施状況に触れながら ─
  2. 理事会内容
    (1) 24年度役員人事の提案と承認
    (2) 次年度大会はについて提案と承認。
    ・平成25年10月10日・11日、青森県、浅虫温泉に於いて開催
    ・協議題は今年度を踏襲する
    (3) 平成25年度・26年度の東北退職校長会協議会会長について提案と承認
    ・25年度・26年度の東北地区退職校長会協議会会長は福島県からとする
    (4) その他 
    ・平成24年に山形県に「教育の日」が制定された旨報告があり、東北地区は全県が「教育の日」制定がなる。
  3. 大会(全体会)内容
    (1) 開会行事
    (2) 講話
     ・講師  全連退常任理事 田中昭光 様
     ・演題 「組織の活性化(ピンチをチャンスに)」
          全連退の存在意義は教育の振興に寄与することにある。そして、豊富な経験を持つ退職校長の力量を生かして学校の支援に協力することが大事である。また、会員減少を食い止める努力をしながら組織を継続する努力をしたい。などの話題に会員は耳を傾けた。
    (3) 話題提供と協議
    ・今年度は宮城県、福島県、山形県の会員より発表があった。

地区連絡協議会の目次へ