地区連絡協議会の動向
平成24年度 近畿地区連絡協議会 報告

全国連合退職校長会副会長
近畿地区連絡協議会会長
西川芳徳
  (奈良県退職校長会会長 )


24年度近畿地区連絡協議会
○期 日 24年10月26日
○会 場 奈良市 春日野荘
○出席者 63名

平成24年度近畿地区連絡協議会は奈良県が担当、午前中は開会行事、協議、研修を行った。
福井義博副会長の開会の言葉で始まり、会長からは「活力ある組織と人材育成についての研究協議題にそって、互いに情報交換と協議を重ね、成果を参加府県に持ち帰り、活動の深化・充実に努めていただきたい」との挨拶があった。
来賓には、冨岡将人奈良県教育長、北保志奈良市教育委員会学校教育部長、安達光男奈良県中学校長会会長が臨席され、県・市教育長のご祝辞を頂いた。
全連退から会長代理として出席された入子祐三総務部長から、全連退としてのご挨拶とともに本部報告があった。ここでは、新しく作成された「全連退リ−フレット」をもとに全連退の動きなどについて説明がなされた。
開会行事の後、協議が始まった。発表は、はじめに大江惇二兵庫県退職校長会連盟副会長から組織の活性化に向けての広報活動、教育支援活動などの取り組みについて報告があった。続いて、奈良県から竹中良行常任理事が、8年前から取り組んできた人材バンクの活動状況や、郡市で取り組んでいる人材バンク活動の実際を紹介した。その後、質疑があり、協議を終えた。
次年度の協議題については、各府県の案を取りまとめ「組織の拡充と魅力ある事業の推進」を提案、満場一致で承認された。
引き続き、研修では、奈良県の報告に関連して人材バンクの一人である西谷昇氏から「相撲発祥の地 奈良」と題する講話があり、事務局5人も加わって相撲甚句「双葉山」「奈良県名所」「当地興行」を披露した。
午後からは各府県の紹介や情報交換を兼ね、懇親会を開いた。
最後に、国旗・全連退旗が和歌山県に引き継がれ、再会を約し、松村副会長の閉会の言葉で全日程を終えた。

地区連絡協議会の目次へ