地区連絡協議会の動向
北海道退職校長会の取組(平成25年5月17日)

平成25年5月17日
全連退副会長
会 長 森   剛
  (北海道退職校長会会長)

  北海道退職校長会は、単一地区退職校長会組織のため、それに替わるものとして定期総会と支部代表者会を位置づけている。支部代表者会は、道内40支部の活動や事業等について意見交換・情報交流を行うことを目的として、例年10月に開催している。

したがさて、本年度は未開催であるので、ここでは、5月17日に開催した第49回定期総会の模様を報告する。

総会は、16名の来賓と27名の役員、そして83名の会員の出席のもとに開催され、国歌斉唱、会長あいさつ・来賓紹介の後、北海道教育委員会吉田昭一教育次長、札幌市教育委員会金山正彦学校教育部長、全国連合退職校長会白石裕一常任理事から祝辞をいただき、ついで、議長に札幌白石支部の高橋淳支部長を選出して協議に入った。

第1号議案から第5号議案まで、本会の活動に係る事業や予算、「北海道教育の日」道民運動の推進等の全ての事項が承認され、総会宣言決議も、可能な限りマイナスイメ−ジを避け、平易な言葉でのものとなり、森剛新会長とともにスタ−トするフレッシュな体制を象徴するものとなった。

次いで、76名の上寿・米寿の方々への記念品を贈呈し、代表して武市勝治様からのご挨拶を頂いた。また、会務運営検討委員会の答申に沿っての事業の推進は、3年目となる。2年後に、本会創立50周年の記念の年となることから、それに向かっての取り組みを開始することになる。

以上

地区連絡協議会の目次へ