地区連絡協議会の動向
24年度 中国地区退職校長会連絡協議会 報告

平成24年10月26日
全国連合退職校長会副会長
中国地区連絡協議会長
徳 永 耕 一
  (鳥取県退職校長会長)

  1. 日 時  平成24年10月25日・26日
  2. 会 場  セントコア山口
  3. 参加者  山口県、広島県、広島市、岡山県、鳥取県、島根県・・・61名
  4. 研究協議

第1日目
退職校長会のミッションは、在職中、地域から恩恵を受けた貴重な経験を、今こそ地域に返す時、と徳永会長の挨拶で始まった。

  1. 戸張全連退会長より挨拶並びに報告

・国への要望要請
・教職員定数改善の要望
・中教審への各種意見の提出
・組織のリニュ−アルと加入促進

(2)各県の提案と協議
●広島市・・・「研修委員会の活動と実践」
     ・歩いて ひろしま探訪
     ・各区ごとに教育委員会・現職校長との懇談会
●広島高・・・「活動の活性化と学校支援活動」(福山支部)
     ・会員の親睦と福祉の増進
     ・教育振興のための意見具申と高校教育の問題点
●岡山県・・・「会の活動と会員の活動」
     ・教育の現状と問題点・・・県教委・現職校長会・退職校長会合同
     ・学校支援活動の例
●鳥取県・・・「戦中・戦後の証言集の発行」
     ・教育的見地から編集、平和の尊さを継承していく
     ・会員と全学校等へ配布活用
第2日目
●島根県・・・「職縁から地縁へ」
     ・地域に根差した活動(17支部)調査の概況
     ・先進的事例の(3支部)の紹介と変容
●山口県・・・「生涯学習作品展」
       ・作品の紹介(34点)
       ・作品作りは生きがいづくり、私もチャレンジ
◎まとめ
  他県の様子がよく分かり、大いに刺激を受け、今後の参考になった。魅力ある組織にするために、各県が中国地区としてどのように連携していくのがよいかということを感じた。
 山口県より協力に感謝の辞。そして広島県へ襷を渡す。

以上

地区連絡協議会の目次へ