全国連合退職校長会(全連退)

設立 1965年(昭和40年)6月10日
Update 2014年04月10日
Renewal 2014年04月01日
  • 文字サイズ
    標準 最大
  • 印刷
 会 長 挨 拶
 全国連合退職校長会
会長 入子 祐三 
本日は、平成30年度第54回全国連合退職校長会総会開催に当たり、全国各地から代議員・理事の皆様方にご参集いただきまして誠にありがとうございました。
 また、林芳正文部科学大臣代理としてお見えいただきました文部科学省初等中等教育局主任視学官清原洋一様をはじめご来賓のご臨席を賜り、開会行事に華を添えていただきましたことを心より感謝とお礼を申し上げます。
 本総会の開会に当たって、戸張敦雄会長の急逝という不幸に見舞われました。会長が、4月から復帰されることを信じて、会務のすべてを先送りしたものですから、役員の慌てようは大変なものでした。人事を始め、新年度の諸準備が滞っており、態勢づくりを急ぎ、今日を迎えました。
 戸張会長は「温故創新」の考えで、本会を革新してこられたと思います。とりわけ「創新」に力を入れて運営されていました。私は戸張会長の残任期間の会長代行として、「温故創新」の考えを受け継ぎ、務めて行きたいと考えております。
 さて、全連退の当面する課題は山積しております。
 働き方改革のための指導・運営体制の構築に関する緊急提言を受けて「すぐできることから実行」の呼びかけの輪を広げたいと考えます。学校における働き方改革は「教員の定数改善」「教職員の業務改善」の両者を調整することが必要であると考えています。また、働き方改革の一環として「チームとしての学校」「コミュニティ・スクール構想による支援協力態勢づくり」などを推進したいと考えます。
 一方、新学習指導要領の円滑な実施に現場の支援・協力態勢を組むことが重要になり、退職校長会の動きに期待が寄せられています。
 社会に開かれた教育課程の編成に当たっては、主体的・対話的で深い学びの実現の具体化を図る授業の改善を全教科に導入すること等を考えますと、指導者の資質・能力が重要になります。経験豊かな先輩からの指導助言が欠かせないと思います。退職校長会の応援が欲しいのではないでしょうか。多彩な人材の参画による学校の教育力向上を図る必要があると考えます。
 なお、全連退は教育尊重の気運を高め教育振興に寄与することや会員の福利・厚生拡充と福祉の増進に資することを目的に活動しています。
 伝統と創意による組織的活動の成果を基盤として、諸活動の円滑な運営に努め、連合体としての活動を展開しなければと考えています。進むべき道を、堅実に歩み続けて行きたいと思っています。
 結びに、副会長・常任理事・理事をはじめ会員の皆様方のご支援を頂いて、懸命に任を果たしていく所存でおりますことを表明し、挨拶といたします。

                

             平成30年6月12日 第54回総会会長挨拶より